洗顔でニキビ対策をして、さらにリメリーで。

私は中学生のときニキビに悩んでいました。脂っこいものが好きで肌のことを気にせず食べていたからだと思います。さすがに肌にニキビができすぎていると思い皮膚科に行きました。そこで洗顔の仕方を教わりました。

 

 

まず大事なことはしっかりした泡で洗顔するということです。全然泡立っていなかったり水っぽいと洗っても肌荒れに繋がってしまいます。ネットなどを使いしっかり泡立ててから洗うといいと思います。

 

 

 

次に大事なことは顔の隅々まで泡をしっかり洗い流すということです。泡が残ってしまうとそこにニキビができやすくなってしまいます。鏡で隅々まで確認しながら洗い流すことをおすすめします。

 

 

にきびだけでなく、肌荒れに繋がらないように気を付けることがあります。洗顔をしたあとタオルなどで顔を拭くときゴシゴシ擦らないようにすることです。

 

若い頃はゴシゴシ擦っていても肌がすぐに再生しようとするので大丈夫でしたが年齢を重ねるにつれてゴシゴシ擦ると肌が痛くなります。顔を拭くときはタオルをポンポンとやさしく叩くように拭くと肌に優しいと思います。

 

それと、ニキビ対策の化粧水でもいいし、美容液でも良いので、肌の状態を健康に保つためのケアをおすすめします。

私の場合は、リメリーを使っています。リメリーはもともとというか、本来は鼻の周りのニキビ対策をするための美容液なんですが、毛穴ケアをすることによってニキビを抑えてくれます。

リメリーを使用し始めてから、ぶつぶつできるようなニキビもピタッと止まり、今ではほとんどニキビがありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です