月別アーカイブ: 2017年10月

洗顔でニキビ対策をして、さらにリメリーで。

私は中学生のときニキビに悩んでいました。脂っこいものが好きで肌のことを気にせず食べていたからだと思います。さすがに肌にニキビができすぎていると思い皮膚科に行きました。そこで洗顔の仕方を教わりました。

 

 

まず大事なことはしっかりした泡で洗顔するということです。全然泡立っていなかったり水っぽいと洗っても肌荒れに繋がってしまいます。ネットなどを使いしっかり泡立ててから洗うといいと思います。

 

 

 

次に大事なことは顔の隅々まで泡をしっかり洗い流すということです。泡が残ってしまうとそこにニキビができやすくなってしまいます。鏡で隅々まで確認しながら洗い流すことをおすすめします。

 

 

にきびだけでなく、肌荒れに繋がらないように気を付けることがあります。洗顔をしたあとタオルなどで顔を拭くときゴシゴシ擦らないようにすることです。

 

若い頃はゴシゴシ擦っていても肌がすぐに再生しようとするので大丈夫でしたが年齢を重ねるにつれてゴシゴシ擦ると肌が痛くなります。顔を拭くときはタオルをポンポンとやさしく叩くように拭くと肌に優しいと思います。

 

それと、ニキビ対策の化粧水でもいいし、美容液でも良いので、肌の状態を健康に保つためのケアをおすすめします。

私の場合は、リメリーを使っています。リメリーはもともとというか、本来は鼻の周りのニキビ対策をするための美容液なんですが、毛穴ケアをすることによってニキビを抑えてくれます。

リメリーを使用し始めてから、ぶつぶつできるようなニキビもピタッと止まり、今ではほとんどニキビがありません。

 

リメリーで対処する鼻ニキビの正体って?洗顔方法を見直すのも大事。

リメリーは鼻やその周りニキビをケアするための美容液ですが、そもそも鼻やそのまりニキビができやすい原因って何だか知っていますか?

 

一つは公式サイトにもある通り、鼻とその周辺は皮脂が活発に分泌されやすいことがあげられますが、これはまさにその通りで、その皮脂を抑制していくことは鼻のニキビ対策には不可欠です。

 

そして、次に結構重要な話なんですが、皮脂が出やすいところというのは入念に洗顔をして1日の間に分泌された皮脂を綺麗に取り除いてあげないといけないんですね。

 

 

そうしないと、リメリーもそうですが、他の皮脂を抑制する化粧品を使ったとしても、そもそも皮脂が詰まっていく状態であれば、それは皮脂が過剰に分泌されている状態とさほど変わらなくなってしまいますから。

 

 

一般的に洗顔は肌に優しくしなければいけないっていう話があるので、なるべく肌に負担をかけないようにしていることだと思いますが、だからといって汚れがとれなければそれは良い洗顔とはいえません。

 

 

もし、鼻やその周りにベタツキを感じていて、ニキビができるという状態の場合はリメリーで対処するのも良いですが、洗顔のやり方自体を正しいものになっているかどうかというのも見直してみるのも、ニキビ対策としては意味のあることですよ。